区分マンションを使って投資をする|不動産を便利に活用する方法

積み木

仕組みを知る

景気が悪いことで、将来に不安を感じる人も少なくありません。また、安定した生活を守るために、不動産を使った投資を始める人も増えているでしょう。そんな時に役立つのが家賃債務保証になります。

メリットとデメリット

マンション

将来の備えに、孫への資産にといった具合にマンションを利用した投資がここ数年で増えている状況です。メリットは初心者も気軽に始められる内容であることです。入居者が埋まる程の人気な場所や定着率の良いマンションは、安定した収入が簡単に入ってくるため、あまり知識をもっていない人も利益を出すことができます。加えて、投資を成功させるノウハウが学べるセミナーも数多く開催されていますから、参加をするだけでマンション投資に必要な知識を頭の中へ取り込めるでしょう。中でも簡単で始めやすいのが区分マンションを使った投資で、メリットは初期費用が抑えらられること、そして一棟よりも売却が安易であることです。一方、この区分マンションにはデメリットもあり、空室があると一気にリスクが上がることと、収益が少なくなってしまう事、修繕か管理会社はオーナーの判断で決めることができないという点です。ただ空室問題に関しては、管理会社のサポートによって解消出来るので、そこまで心配する必要はありません。収益に関しても、少ないと感じますが副業と思えばいい足しになってくれるでしょう。

初めての投資で一棟買いはあまりおすすめできません。ハードルが非常に高くなりますから、その分のリスクが重くのしかかってきます。しかし、一棟マンションをの投資を成功させる人も大変多く、決してダメというわけではありません。一度、投資がどのようなものかを知るためには、区分マンションを使って実感してみることも、上手な投資につながります。

集合住宅

一棟買いについて

将来に備えて投資マンションの購入を検討している人もいるでしょう。実際、本当に買った方がいいのか迷う人も少なくありません。買った方がいい理由をまずは知っていきましょう。

間取りとお金

タイミングとは

アベノミクス効果により、景気の回復と金融緩和が良くなったことを受け、不動産を所有する人が増えています。そのため、ここ数年で物価の価格が高くなっています。その一方で、収益物件の売却も増えています。